私の化粧品遍歴とそれによる成長

あなたが化粧品と出会ったのは、いつごろだったでしょうか。
私の場合は、子供のころ、母が乾燥予防のためにつけてくれたクリームでした。


その後、小学校の高学年になって、化粧水をつけるようになりました。

中学生になって、初めて自分専用のスキンケアアイテムを買ってもらい、ちょっぴり大人になった気持ちがしました。

役立つビタミンC美容液はとても評判が良いです。

その後、大学に入学すると、メークアップを始めるようになりました。しかし最初は要領がわからず、ずいぶん失敗もしました。


最近気になった敏感肌の情報サイトを利用して良かった。アイシャドーの入れ方、チークのつけ方、母や先輩から教えてもらって、どうにかこつを呑み込んだこともありました。
だからこそ、きちんとしたメークが自分でできた時は感動ものでした。

大学を卒業して社会に出ると、あまり奇抜なメークはできなくなります。


社会人にふさわしい、自然なメークを心がけつつ、ボーナスが出た時には、外資系の化粧品を買い求めるようになりました。その一方で、加齢を考えたスキンケアも考えるようになりました。

まだ20代後半でしたので、まだそう深く考えていたわけでもありませんが、そのころから、いわゆるアンチエイジングの化粧品が出回るようになったこともあります。
多少お値段は高かったものの、その値段に見合うだけの価値はありました。

セラミドのクリームの信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

当時ホワイトニング中心のスキンケアをしていた私ですが、今後はアンチエイジングにも目を向けないと、と、一人考えたものです。

化粧品との出会いは人さまざまです。
ある人にとってはベストな化粧品が、他の人にとっては、効果が得られないことだってあるでしょう。



しかし、自分にどれが合うかを探し求めることは楽しいことですし、女性を大人にして行く、そのステップでもあります。



今の私は、アンチエイジングを模索し始めて、かれこれ20年の歳月がたとうとしています。
どの化粧品が合うのかは、今も試行錯誤状態です。

でもこれは楽しい試行錯誤ですし、そのためにはできる限り、投資も努力も惜しまないでおこうと思います。


女性が、自分にとって最高の人と出会うのと、自分にとって最高の化粧品と出会うのとは、どこか似ているのかもしれません。





サンプルバナー