発毛と育毛は言葉が似ているため間違えている方もいるかもしれませんが、現状維持で毛を育てるという育毛と比べて、毛が抜け落ちてしまった場所に再び毛を生やすことを発毛と呼びます。

薄毛の治療である発毛治療は、皮膚にメスを入れない治療法で保存的療法とも呼ばれています。

頭皮に外用薬を塗布したり、サイトカンと言う生理活性物質や体内ホルモンに作用する薬剤を時には飲んだりして薄毛を治療します。



さて、発毛治療の流れですが、まずは無料のカウンセリングの受付をしているところが多くあります。

そこで過去の病気やアレルギーの有無や髪の毛についての質問などに答えていただきます。

そして、担当のスタッフによる髪の毛に対する本格的なカウンセリングや費用の説明などをします。



ここまでは無料カウンセリングでもできることが多く、もしやってみようと決心した場合は診察日の予約をすることになります。初診では発毛効果をあとから実感できたり判断するために頭部の写真撮影をして、専門の先生が頭皮や頭髪の状態や健康状態などを詳しく診察していき、薬の影響が身体に出ないかを判断するためにも血液検査をします。


病院にもよりますが、ここまでの流れで初診は2時間程度の余裕を見ていただければ良いです。


そうして得られた診断結果を元に再診では先生が改めて説明をしてくれます。
頭部の写真撮影が経過を見るためでも大切なためほとんどが毎回行います。



診察と進んでいき、最後にお薬の処方をしてもらい再診は終了となります。


この流れが続いていくような形となります。

不安や疑問点は無料カウンセリング時に解決しておくことをおすすめします。

治療途中でも親身になって相談にのってくれる病院が良いです。